舞鶴グリーンフェスタ2019、第23航空隊の展示飛行や艦艇公開 | FlyTeam ニュース

舞鶴グリーンフェスタ2019、第23航空隊の展示飛行や艦艇公開

ニュース画像 1枚目:第23航空隊 SH-60J/K
第23航空隊 SH-60J/K

京都・舞鶴で2019年5月18日(土)、「舞鶴グリーンフェスタ 2019」が開催されます。第23航空隊が所在する舞鶴航空基地と、舞鶴地方隊と第3護衛隊が所在する舞鶴基地が一般開放されます。開催時間は9時から16時です。この催しは例年、「舞鶴航空基地 サマーフェスタ」として開催されていましたが、時期、名称を変更して実施されます。

航空基地でのイベントは、飛行展示や消防車体験乗車、放水体験、管制塔見学、整備機展示、装備品展示、制服試着などが実施されます。このうち航空機展示は、陸上自衛隊のUH-1とAH-1S、海自のMCH-101とAW139、航空自衛隊のUH-60J、京都府警のA109Eが予定されており、15時以降に帰投予定です。

また、当日は北吸岸壁では、「ふゆづき(DD-118)」「あたご(DDG-177)」の護衛艦をはじめ、補給艦「ましゅう(AOE-425)」、特務艦「はしだて(ASY-91)」、ミサイル艇「はやぶさ(PG-824)」「うみたか(PG-828)」、多用途支援艦「ひうち」などが揃い、一般公開や特別機動船・大型曳船港内めぐりなどが実施されます。

会場では音楽隊による演奏会、陸上自衛隊の車両体験乗車をはじめ、海自カレーなどの飲食ブース、ドックタグ作成など、体験型の催しも企画されています。

当日は北吸岸壁と第23航空隊が所在する舞鶴航空基地間を20分間隔でシャトルバスが運行されます。航空基地と北吸岸壁会場付近には駐車場が用意され、航空基地には約350台、ジャパンマリンユナイテッドに240台、舞鶴地方総監部に約350台、赤れんがパーク駐車場が460台、東山臨時駐車場が400台、前島埠頭駐車場が560台、中丹広域振興局に140台、合計で2,500台分の自家用車向け駐車場が用意されており、バイク向けは舞鶴地方総監部に40台分が確保されています。

■舞鶴グリーンフェスタ 2019
<航空基地での企画>
9:00〜12:00 自衛隊地域連絡事務所
9:00〜15:30 航空機展示
9:45〜10:30 飛行展示 (応急出動)
11:15〜12:15 Dream Music
12:30〜15:30 演奏会
13:00〜14:00 飛行展示 (応急出動)
13:35 洋上ホイスト
13:00〜15:30 自衛隊地域連絡事務所
9:00〜15:00 消防車体験乗車、放水体験
9:00〜15:00 管制塔見学
9:00〜15:30 露天販売
9:00〜16:00 ヨーヨー釣り
9:00〜16:00 整備機展示 (記念撮影)
9:00〜16:00 車両器材等展示
9:00〜16:00 装備品展示
9:00〜16:00 制服等試着
9:00〜16:00 施設車両展示
9:00〜16:00 スタンプラリー
期日: 2019/05/18
メニューを開く