ユーロウイングス、6月からミュンヘン空港の利用ターミナルを変更 | FlyTeam ニュース

ユーロウイングス、6月からミュンヘン空港の利用ターミナルを変更

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:ユーロウィングス A320

ユーロウィングス A320

  • ニュース画像 2枚目:ミュンヘン空港ターミナル1

ルフトハンザ・グループのユーロウイングスは2019年6月1日(土)から、ミュンヘン・フランツヨーゼフシュトラウス空港で、利用ターミナルを変更します。

現在使用しているターミナル2から、ターミナル1のエリアAに移動するもので、ターミナル2とサテライトターミナルで対応していた、ユーロウイングスの200万以上の搭乗者の混雑を緩和します。

ユーロウイングスは同空港において2番目に大きい航空会社で、将来的にターミナル1を使用する最大の航空会社となります。移動後はターミナルの入り口から数歩でチェックインカウンターや保安検査場にアクセスでき、保安検査場から簡単に搭乗口に移動が可能なため、移動時間を短縮できるほか、行くべき方向が分かりやすい環境となります。

なお、ミュンヘン空港では、近代的で効率的な機材ハンドリングができるよう、2019年にターミナル1の改修を予定しています。

期日: 2019/06/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加