陸自と米陸軍、アラスカでアークティックオーロラ 空挺など実動訓練 | FlyTeam ニュース

陸自と米陸軍、アラスカでアークティックオーロラ 空挺など実動訓練

ニュース画像 1枚目:アークティックオーロラ、C-130から陸自が空挺降下
アークティックオーロラ、C-130から陸自が空挺降下

陸上自衛隊は2019年5月22日(水)から6月28日(金)までの期間、アメリカ・アラスカ州のエレメンドルフ・リチャードソン統合基地とその周辺で、アメリカ陸軍と実動訓練「アークティックオーロラ」に参加します。

訓練では、空中機動作戦などに必要な戦術や戦闘要領、日米間の相互連携要領を訓練し、その能力の維持と向上を図ります。また、今回の「アークティックオーロラ」では初めて、アメリカ軍砲兵の実射を伴う火力誘導訓練が実施されます。

派遣する陸自部隊は、第1空挺団第1普通科大隊基幹の人員約110人です。装備は小銃、機関銃、対人狙撃銃、空挺傘、自由降下傘などです。アメリカ陸軍は第4-25歩兵旅団戦闘団と第1-501歩兵大隊の人員約140人が参加する予定となっています。

期日: 2019/05/22 〜 2019/06/28
メニューを開く