エアロボティクス、東京海上日動火災保険と損害調査・修理費の算出で連携 | FlyTeam ニュース

エアロボティクス、東京海上日動火災保険と損害調査・修理費の算出で連携

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:エアロボティクス イメージ

エアロボティクス イメージ

パイロット不要の完全⾃律型ドローンなどを手がけるエアロボティクスは2019年6月から、東京海上日動火災保険と連携し、ドローンで撮影した複数の画像を⼈⼯知能(AI)で解析し、損害調査から修理費まで算出する取り組みを開始します。

この取り組みはドローンで撮影した⼯場や倉庫などの空撮画像を繋ぎ、損害箇所や損害状況が把握できる画像データと、3Dモデルで作成したデータを解析し、具体的な損傷状況や損害額を算出します。対象は企業が所有、管理する工場や倉庫などです。

これまで⼯数がかかっていた調査から修理費の算出まで、エアロボティクスのデータ解析プラットフォームを使用し、正確で迅速な作業ができます。また、顧客からの同意を得て撮影した⼤量の画像データと、損害鑑定⼈などによる画像診断結果をAIに学習させ、精度向上を実現します。

また、これまで東京海上⽇動の損害鑑定⼈による調査で、通常1カ⽉程度かかっていた保険⾦の⽀払い期間を⼤幅に短縮できるほか、広域災害発⽣時でも迅速、かつ多くの物件の損害調査に対応できます。

エアロボティクスでは今後、個⼈の住宅や家屋の被害に対しても、この取り組みを応⽤できるか、検討していく方針です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加