川崎重工、ディーエイチシーからBK117D-2を受注 国内で4機目 | FlyTeam ニュース

川崎重工、ディーエイチシーからBK117D-2を受注 国内で4機目

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目: D-2ヘリコプター

D-2ヘリコプター

川崎重工業は2019年6月17日(月)、ディーエイチシーからH145/BK117 D-2ヘリコプターの受注を発表しました。D-2の国内での受注は4機目で、ディーエイチシーが運営するホテルへの旅客輸送などに使用される予定です。

BK117D-2は、川崎重工とエアバス・ヘリコプターズが共同開発したヘリコプターです。従来のBK117C-2で好評を得ていた担架などの搬出入が容易な機体後部の観音開きカーゴドア、コンパクトな機体ながら機内での医療行為を施しやすい広いキャビンスペースを継承しつつ、新たにコンピューター制御の新型エンジン、最新の統合計器や「ダクテッドファン方式」の新型テールローターなどを採用しています。

BK117ヘリコプターは、ドクターヘリ、人員・物資輸送、消防・防災、警察、報道など多用途に活用されています。国産ヘリコプターとして1983年の初号機納入以来、川崎重工の納入分で178機、エアバスの納入分を合わせると全世界で約1,500機以上が納入されています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加