千歳航空祭記念のオリジナルフレーム切手セット、7月22日から販売 | FlyTeam ニュース

千歳航空祭記念のオリジナルフレーム切手セット、7月22日から販売

ニュース画像 1枚目:2019 航空祭記念 CHITOSE AIR FESTIVAL 2019
2019 航空祭記念 CHITOSE AIR FESTIVAL 2019

日本郵便北海道支社は2019年7月22日(月)から、千歳航空祭開催を記念したオリジナルフレーム切手セット「2019 航空祭記念 CHITOSE AIR FESTIVAL 2019」を販売開始します。62円切手5枚、82円切手5枚、A4サイズのクリアファイル1枚の1セット1,500円です。

販売箇所は千歳市、恵庭市、北広島市の全郵便局と、札幌中央郵便局、北海道庁赤れんが前郵便局、札幌駅パセオ郵便局、新札幌駅デュオ郵便局、千歳郵便局新千歳空港内分室など計40局です。

切手のデザインは、2019年の航空祭で初めて登場する777政府専用機を中心に、シートには千歳基地に配備されているF-15Jや、救難隊のU-125A、UH-60Jなどの写真で構成されています。クリアファイルは777政府専用機で表は機体全景、裏はコクピットの様子が採用されています。

贈呈式は7月31日(水)に千歳基地で、千歳駅前郵便局の佐々木俊哉局長から基地司令の寺﨑隆行空将補に贈呈されます。航空祭の当日は、郵便局臨時出張所を千歳基地内に開設し、7時から販売します。なお、販売状況により15時までの予定ですが、終了時刻が早まる場合があります。

メニューを開く