台風5号の影響、一部の定期便に欠航が発生 週末も懸念 | FlyTeam ニュース

台風5号の影響、一部の定期便に欠航が発生 週末も懸念

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:日本エアコミューター イメージ

日本エアコミューター イメージ

大型の台風5号(ダナス)が東シナ海を北上し、2019年7月19日(金)の定期便に影響を与えています。さらに、7月20日(土)から7月21日(日)の週末にかけて、西日本の空港を発着する便では運航への影響が懸念されています。

7月19日(金)は日本エアコミューター(JAC)が運航する鹿児島発着の喜界島、沖永良部線、喜界島、奄美大島、徳之島発着便に欠航が発生しています。また、台風の進路を受け、日本航空(JAL)、全日空(ANA)、ソラシドエア、スターフライヤー(SFJ)、フジドリームエアラインズ(FDA)は予約者を対象に30日以内の空席がある便への変更に対応する措置もとっています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加