日本エアポートデリカ、加賀屋監修「のどぐろちらし寿司」を羽田で販売 | FlyTeam ニュース

日本エアポートデリカ、加賀屋監修「のどぐろちらし寿司」を羽田で販売

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:のどぐろちらし寿司

のどぐろちらし寿司

JALUXグループの日本エアポートデリカは2019年7月19日(金)から、石川県和倉温泉の老舗旅館「加賀屋」監修による弁当「のどぐろちらし寿司」の販売を開始しました。

加賀屋は、2018年12月の「第44回プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で、総合1位を前年に続き獲得するなど、高い評価を得ている日本を代表する旅館です。この加賀屋が監修する商品は、惣菜・べんとうグランプリで優秀賞を獲得した「ぶりの照り焼き重」に続き、今回が2作目となります。

販売を開始したちらし寿司は椎茸、干瓢、胡麻を混ぜ込んだ酢飯に、加賀屋こだわりの「いしる」に漬け込んだ高級魚「のどぐろ」を使用し、海老、穴子、数の子、こはだ、蓮根など彩りよくトッピングしています。価格は税込1,390円です。

羽田空港第1ターミナルの「空弁工房」「PIER」「BLUE SKY」、第2ターミナルの「空弁工房」「ART DELI」「シーサイドカフェ」など、主な弁当取扱店舗で先行発売し、7月25日(木)以降、都内百貨店や高級スーパーで販売されます。

期日: 2019/07/19から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加