岐阜県、「令和元年度 岐阜県総合防災訓練」を実施 空自などが参加 | FlyTeam ニュース

岐阜県、「令和元年度 岐阜県総合防災訓練」を実施 空自などが参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:防災航空隊

防災航空隊

岐阜県は2019年9月1日(日)、「令和元年度 岐阜県総合防災訓練」を実施します。場所は岐阜県庁、瑞浪市民公園いこいの広場、まきがね公園で、時間は7時30分から12時までです。

この訓練は、岐阜県や岐阜県警察をはじめ、陸上自衛隊、航空自衛隊、岐阜基地に拠点を置く飛行開発実験団(ADTW)、岐阜地方気象台、海上保安庁などが参加し、県の災害時の対応力向上を図り、県民の防災意識の高揚を図ることを目的としています。

当日は、2018度に岐阜県が実施した「内陸直下地震に係る震度分布解析・被害想定調査」で公表された想定地震の一つ「屏風山・恵那山及び猿投山断層帯地震」において、東濃地域で最大震度6強が発生した想定で実施されます。

訓練内容は、岐阜県庁で災害ボランティア受入対策やライフライン確保対策、孤立集落対策が実施されます。また、実動訓練では、航空自衛隊による航空偵察やドローンを活用した被害状況の確認訓練のほか、警察と自衛隊、災害救助犬を育成するジャパンケネルクラブが連携した救出・救助訓練などが実施される予定です。

期日: 2019/09/01
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加