たきかわスカイパーク、グライダーの体験飛行の利用者が4万人達成 | FlyTeam ニュース

たきかわスカイパーク、グライダーの体験飛行の利用者が4万人達成

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

たきかわスカイパークは2019年8月4日(日)、同パークで開催しているグライダー・モータグライダーによる体験飛行の利用者が、4万人に達したと発表しました。4万人目の体験者には記念品がプレゼントされています。

たきかわスカイパークは、「海辺で人々が海と自然に戯れることができるように、人と空とが自然に触れあえる、空の浪打ち際を創る」ことをコンセプトに、1982年に開港しました。公園と飛行場の機能を有する日本で最初の本格的航空公園で、総面積約50ヘクタールに、滑空場、遊歩道や遊具、スカイミュージアム、宿泊施設などの施設があります。

たきかわスカイパークのグライダー・モータグライダーによる体験飛行では、シャイベSF-28Aの機体番号(レジ)「JA2562」と、ASK21の機体番号(レジ)「JA03KH」を使用しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加