JR東海バス、セントレアT2開業で中部空港線のバス停表記変更など | FlyTeam ニュース

JR東海バス、セントレアT2開業で中部空港線のバス停表記変更など

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:中部国際空港 ターミナル2

中部国際空港 ターミナル2

ジェイアール東海バスは、2019年9月20日(金)に中部国際空港(セントレア)第2ターミナル(T2)が開業することから、レゴランド・金城ふ頭駅/中部国際空港間を結ぶ中部空港線で、高速バスネットでのバス停表記変更を案内しています。

現在のバス停表記「中部国際空港」は「中部国際空港 第1T」に変更となり、T2前に停車する「中部国際空港 第2T」が追加されます。

また、三重交通が運行する金城ふ頭駅/中部国際空港線では、第2ターミナルへの停車に伴い、ダイヤ改正を実施します。上りの中部国際空港発は、1日最大8便が運行されており、この内4便を三重交通がT2発で運行します。新ダイヤでは、T2発が11時12分、13時32分、15時32分、17時52分で、T1はT2出発時刻の8分後となります。JR東海バスの運行便は、T1発です。

また、下りの中部国際空港行きは1日最大9便の運行で、このうち三重交通が運行する4便がT2を経由してT1へ、JR東海バスが運行する最大5便はT2に停車せずT1へ向かいます。T2着時刻は10時20分、12時35分、14時35分、16時55分で、T1到着時刻は3分後となります。

期日: 2019/09/20から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加