デルタ、冬スケジュールでアメリカ4都市発着のカリブ海路線を拡大 | FlyTeam ニュース

デルタ、冬スケジュールでアメリカ4都市発着のカリブ海路線を拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:デルタ航空 737-900ER

デルタ航空 737-900ER

デルタ航空は2019/2020年冬スケジュールで、アメリカ4都市発着のカリブ海路線を拡大します。

プエルトリコ行きでは、ニューヨーク・JFK/サンファン線に12月21日(土)から4便目のデイリー便を追加するほか、12月21日(土)から2020年4月30日(木)まで、デトロイト/サンファン線でデイリー季節便を運航します。ニューヨーク・JFK/サンファン線はファースト20席、デルタ・コンフォートプラス21席、エコノミー139席の737-900ER、デトロイト/サンファン線はファースト16席、デルタ・コンフォートプラス36席、エコノミー108席の737-800を使用します。

また、ボストン・ローガン/ナッソー(バハマ)線は今冬、12月21日(土)から土曜の週1便をデイリーに拡大し、2020年4月30日(木)までデイリー季節便として運航します。機材は737-800を使用します。

このほか、現在デイリーで運航しているアトランタ/サントドミンゴ(ドミニカ共和国)線にも、12月21日(土)から2便目のデイリー便を追加し、より多くの旅の選択肢を提供します。

期日: 2019/12/21から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加