新千歳空港、「メディア芸術×文化資源 分散型ミュージアム」を開催

新千歳空港、「メディア芸術×文化資源 分散型ミュージアム」を開催

ニュース画像 1枚目:NAKED(ネイキッド) カムイのいる世界
NAKED(ネイキッド) カムイのいる世界

文化庁は2019年8月30日(金)から、「空港等におけるメディア芸術日本文化発信事業」のプロジェクトの一環として、新千歳空港国際線ターミナル到着コンコースで「メディア芸術×文化資源 分散型ミュージアム」を開催しています。

このプロジェクトでは、アーティスト・クリエイターたちが、日本各地域の土壌が育んだ豊かな文化資源の魅力を新たな視点で表現し、各地域の玄関口である空港など10カ所程度で展示する予定となっています。

新千歳空港では、クリエイティブカンパニー・NAKED(ネイキッド)によるディレクションで、「アイヌ文化」をテーマに、全長26メートルにおよぶ大型映像作品の展示とアイヌ文様を取り入れた窓の装飾作品を公開しています。アイヌの人々は動物や自然、決して人間の力がおよばないあらゆる現象を「カムイ(神)」と呼び、作品では、カムイが宿った北海道の大自然を一枚の大きなアニメーションで描いています。

期日: 2019/08/30から
メニューを開く