日本貨物航空、10月以降の日本発国際貨物燃油サーチャージを値下げ | FlyTeam ニュース

日本貨物航空、10月以降の日本発国際貨物燃油サーチャージを値下げ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

日本貨物航空(NCA)は、2019年10月1日(火)以降の日本発国際航空貨物燃油サーチャージ額を発表しました。これによると、9月末までの徴収額から値下げとなります。

2019年8月の平均燃油価格が1バレルあたり74.60ドルとなり、申請済みの適用表で1ランク下がったことを受けた措置です。

適用金額は、北米・中南米行きのTC1と、ヨーロッパ、アフリカ、中近東行きTC2は1キログラムあたり58円、東南アジアTC3遠距離行きは1キログラムあたり49円、東アジアTC3近距離行きは1キログラムあたり41円になります。

期日: 2019/10/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加