大韓航空、ハイブリッドドローンの開発推進に向け生産企業と覚書締結 | FlyTeam ニュース

大韓航空、ハイブリッドドローンの開発推進に向け生産企業と覚書締結

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ハイブリッドドローン

ハイブリッドドローン

大韓航空は2019年9月19日(木)、ハイブリッドドローン生産システムの構築に向け関連企業と覚書を締結したと発表しました。

ハイブリッドドローンは、内燃機関とバッテリーを組み合わせたハイブリッドエンジンを搭載し、2時間以上の滞空が可能になります。LTE帯域と2.4ギガヘルツの補助チャネルISM(Industrial Scientific Medical)帯域を利用することで、非可視圏での自動飛行も可能となり、広域監視や緊急輸送など、今後さまざまな分野で活躍が期待されています。

今回締結した覚書では、大韓航空が独自に開発したハイブリッドドローンをOEM方式で製造するため、提携企業の製品化に必要な技術支援を行う内容となっています。大韓航空は、関連企業の技術開発や雇用創出などでドローン業界全体の発展に貢献する方針です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加