シンガポール航空、秋から関空、福岡線にもスーパーフード機内食を拡大

シンガポール航空、秋から関空、福岡線にもスーパーフード機内食を拡大

ニュース画像 1枚目:ポークのソテー スペルト小麦とトマトソースに野菜各種
ポークのソテー スペルト小麦とトマトソースに野菜各種

シンガポール航空は2019年10月から、関西、福岡発着のシンガポール線で、スーパーフードを取り入れたメニューの提供を開始します。

シンガポール航空は2019年7月から、羽田、成田、名古屋(セントレア)発のシンガポール行き、また成田発ロサンゼルス行きで、スーパーフードを取り入れたメニューの提供を開始し、好評を得ています。今回、関西、福岡発便にもサービス拡大することで、現在運航する日本発の全路線でスーパーフード機内食を楽しむことができるようになります。

関西、福岡発シンガポール行きで提供されるメニューは、「ポークソテーアップルソース 枝豆、野菜とサフランキヌア添え」です。また、10月から他の日本路線スーパーフード機内食もリニューアルし、羽田、成田、名古屋(セントレア)発のシンガポール行きでは「白身魚のトマトソース ブラックキヌア入りリゾーニパスタのトマトバジル風味」、成田発ロサンゼルス行きでは「ポークのソテー スペルト小麦とトマトソースに野菜各種」が提供されます。

なお、提供対象クラスは、プレミアムエコノミークラスとエコノミークラスで、提供数には限りがあります。

期日: 2019/10/01から
この記事に関連するニュース
メニューを開く