AMX、ORC、JAC、ANA、JAL、地域航空維持で事業組合を設立

AMX、ORC、JAC、ANA、JAL、地域航空維持で事業組合を設立

ニュース画像 1枚目:地域航空サービスアライアンス ロゴ
地域航空サービスアライアンス ロゴ

天草エアライン(AMX)、オリエンタルエアブリッジ(ORC)、日本エアコミューター(JAC)、全日空(ANA)、日本航空(JAL)の航空会社5社は2019年10月25日(金)、地域航空サービスアライアンス有限責任事業組合(EAS LLP)を設立しました。系列の垣根を越え、離島生活路線の航空路線維持を5社で協力して取り組みます。

離島やそれに準じる地域の生活に重要な路線を持続可能とするため、地域航空各社の経営の独自性を維持しながら、運航に欠かせない安全推進体制の確立、安定的な運航確保、効率化を目指した協業深化の取り組みを、JALとANAの2社が協力しつつ早期に促進していくことを目ざした事業組合です。

EAS LLPの事業は、(1)安全基盤の確立と安定運航確保のための航空技術協力の推進に関する業務、(2)営業販売強化の推進に関する業務、(3)各種調達の効率化の推進に関する業務、(4)業務共通化及び人員協力の推進に関する業務、(5)1から4に付帯または関連する一切の業務です。

事業拠点は事務所を東京に置き、営業面や総務調達面で大手2社と連携、協力を促進し、組合運営事務の拠点とします。また、技術面では格納庫、部品庫、シミュレーターなどの設備と体制のある鹿児島を中心に、天草や長崎の各社拠点と連携します。

事業組合の期間は設立から4年間で、3年を経過した時点で取組状況を検証し、それ以降の対応を協議します。設立に合わせ公開したロゴマークは、島、山、海と大地など各地の豊かな自然を表現し、つながる島々が会社同士の連携を表したもので、ターボプロップ機が上昇する姿が地域航空路線の維持拡充と地域の発展を目指す想いが込められています。

この記事に関連するニュース
メニューを開く