自分が喜ぶこと他人にも、ブリティッシュ・エアが空港スタッフに権限 | FlyTeam ニュース

自分が喜ぶこと他人にも、ブリティッシュ・エアが空港スタッフに権限

ニュース画像 1枚目:空港スタッフ イメージ
空港スタッフ イメージ

ブリティッシュ・エアウェイズは2019年11月28日(木)、ロンドン・ヒースロー空港での成功を受け、「First Contact Resolution」プログラムを世界各地の就航地に導入すると発表しました。

搭乗者が抱える問題を、対応する空港スタッフがその場で解決する権限を与えるプログラムで、これまで搭乗者自身が顧客サービス部門に電話、またはメールで確認する必要があった質問や問題も、空港スタッフが即時に解決し、安心感を提供し、顧客サービス部門に投げる案件を減少させます。

5年間で顧客サービスに65億ポンドをかける投資計画の一環で、基本にもどり「自分がして欲しいことを他人にもしてあげなさい」という昔からのコンセプトを強調し、よりそれぞれの顧客に向き合ったサービスを提供します。

メニューを開く