羽田空港国際線旅客ターミナル、保安検査場に待ち時間予測システムを導入 | FlyTeam ニュース

羽田空港国際線旅客ターミナル、保安検査場に待ち時間予測システムを導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:設置されたサイネージ

設置されたサイネージ

日本電気(NEC)は2019年12月12日(木)、羽田空港国際線旅客ターミナルに空港保安検査場内の混雑状況を分析・可視化する「待ち時間予測システム」を提供したと発表しました。

このシステムは、最先端AI技術群の1つで群衆映像から混雑状況を検知する「群衆行動解析技術」や、人の動きを捉える3Dステレオ視覚センサーを組み合わせて活用されています。羽田空港では10月から本格導入し、人の流れや通過人数を収集・分析、混雑状況を可視化し、リアルタイムで待ち時間を表示しています。

このシステム導入で、出発旅客の利便性向上や、空港内に2カ所ある検査場の利用率平準化が可能となり、運航定時性の向上も期待されています。将来的には、AI予測の性能を高め、数時間後の待ち時間の予測などの情報提供をめざしています。

NECは、映像解析技術をはじめとする先進ICTを活用したソリューションやサービスの開発を強化し、競技場やテーマパークなど、空港以外の施設への導入を進め、安全・安心を支える独自技術を礎にスマートシティーの構築と豊かな社会への貢献に努めます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加