ANAの羽田国際線、第2と第3ターミナルを使用する路線を決定 | FlyTeam ニュース

ANAの羽田国際線、第2と第3ターミナルを使用する路線を決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:羽田空港 第2ターミナル ANAチェックインカウンター

羽田空港 第2ターミナル ANAチェックインカウンター

全日空(ANA)は2020年3月29日(日)から、羽田空港の国際線旅客ターミナルとして、第2ターミナルと第3ターミナル(現国際線ターミナル)を使用します。これにより、第2ターミナル発着のANA国際線は、同じターミナルの建物内でANAの国内線へ乗り継ぎが可能になります。

第2ターミナルに発着する路線は、北米路線のうちニューヨーク、ワシントン D.C.、ロサンゼルス線などで、ヨーロッパ路線はロンドン、フランクフルト、ミュンヘン、パリ線など、アジア・オセアニア路線は台北、ホーチミンシティ、ジャカルタ線などです。第2旅客ターミナルには、新たにANA国際線ラウンジが設けられます。

他の航空会社が運航する国際線、コードシェア便は、路線にかかわらず現在の国際線ターミナルで、新たな名称となる第3ターミナルを利用します。

ANAは、搭乗する路線によって使用するターミナルが異なることから、利用者には使用するターミナルを確認し、来港するよう注意を促しています。また、eチケットやメール、SMSなどで、ターミナルの確認ができるよう現在、準備が進められています。

■3月29日(日)以降
 ANA便の国際線出発ターミナル
<北米路線>
・第2ターミナル
  ニューヨーク
  ワシントン D.C.
  ロサンゼルス
  ヒューストン
  シアトル
  バンクーバー
・第3ターミナル
  シカゴ
  サンフランシスコ
  サンノゼ
  ホノルル
<欧州路線>
・第2ターミナル
  ロンドン
  フランクフルト
  ミュンヘン
  パリ
  モスクワ
  ウィーン
  ストックホルム
  イスタンブール
・第3ターミナル
  ミラノ
<アジア・オセアニア路線>
・第2ターミナル
  台北
  ホーチミンシティ
  ジャカルタ
  シンガポール
  シドニー
  北京
  青島
・第3ターミナル
  ソウル
  香港
  マニラ
  バンコク
  クアラルンプール
  デリー
  上海
  深圳
  広州
期日: 2020/03/29から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加