中国空軍、コロナウイルス流行で輸送機で武漢に軍医療スタッフ派遣

中国空軍、コロナウイルス流行で輸送機で武漢に軍医療スタッフ派遣

ニュース画像 1枚目:Il-76大型輸送機
© Ministry of National Defense
Il-76大型輸送機

中国人民解放軍空軍は2020年2月2日(日)、新型コロナウイルスが流行している湖北省武漢の武漢天河国際空港にIl-76大型輸送機など、8機を使用して軍の医療スタッフを輸送しました。

世界保健機関(WHO)の緊急委員会は1月31日(金)、武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)に該当すると発表しました。

現在、世界各国から医療支援物資が武漢に向けて送られていると同時に、主要国が自国民の避難を目的として、チャーター便や軍用機を武漢に派遣しています。

期日: 2020/02/02から
メニューを開く