熊本空港、新国内線旅客ターミナルビルなどに15店舗が4月7日オープン | FlyTeam ニュース

熊本空港、新国内線旅客ターミナルビルなどに15店舗が4月7日オープン

ニュース画像 1枚目:現ターミナルと新ターミナルの位置
現ターミナルと新ターミナルの位置

熊本国際空港は2020年4月1日(水)から、熊本空港の運営を開始します。国内線と国際線を一体化させた新たな旅客ターミナルの建て替え期間中に運用する、新国内線旅客ターミナルとサテライトビルの供用を4月7日(火)に開始、これに伴い15店舗のオープンが決定しました。

新国内線旅客ターミナルにはタリーズコーヒー、サテライトビルにはセブンイレブンが新規オープンします。

また、現在の国内線旅客ターミナルビルにある店舗がリニューアルし、物販店では、「くまもと土産 旬彩館」「BLUE SKY」「ANA FESTA」「あんたがたどこさ」など、フードコートでは「キッチン空福亭」「和食 りんどう」「ラーメン くすのき」がオープンします。

このほか、宅配カウンター、レンタカーカウンター、ラウンジ「ASO」、リラクセーションサロン「THE SKY」といったサービス機能も充実させています。

期日: 2020/04/07から
メニューを開く