アエロフロート、羽田/モスクワ線を運休 日本発は5月1日まで

アエロフロート、羽田/モスクワ線を運休 日本発は5月1日まで

ニュース画像 1枚目:アエロフロート イメージ
アエロフロート イメージ

アエロフロート・ロシア航空は2020年3月30日(月)から、羽田/モスクワ・シェレメーチエヴォ線を運休しています。新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のため、ロシア政府の指示により、ロシアの空港を発着する全ての定期便とチャーター便の国際線を停止するもので、羽田発は3月31日(火)からの運休となります。

羽田/モスクワ線は、3月29日(日)から成田発着を羽田発着に切り替えて運航を始めたばかりの路線で、通常はデイリーでの運航が計画されていました。モスクワ発便の運休は4月30日(木)まで、羽田発便は5月1日(金)までが予定されています。

なお、運休にあたり、一部の日程で羽田/モスクワ線の運航を行います。モスクワ発SU260便は、3月31日(火)、4月2日(木)、4月4日(土)、羽田発SU261便は4月1日(水)、4月3日(金)、4月5日(日)の3往復です。ただし、ロシアへ入国する外国人には入国制限があるため、利用可能な搭乗者のみが利用できるフライトとなります。

期日: 2020/03/30から
この記事に関連するニュース
メニューを開く