ルフトハンザ・カーゴ、軽量化したコンテナ使用で二酸化炭素排出削減 | FlyTeam ニュース

ルフトハンザ・カーゴ、軽量化したコンテナ使用で二酸化炭素排出削減

ルフトハンザ・カーゴは2012年5月、6月の2ヶ月間、軽量化されたコンテナを使い、700トン以上の二酸化炭素を50%削減したと発表しました。軽量化されたコンテナはこれまでのコンテナと比べ、およそ13キロ軽くなり、二酸化炭素排出量50%につながりました。ルフトハンザ・カーゴは今後、新しいコンテナ5,000個を導入する計画です。

ルフトハンザ・カーゴでは航空燃料をより少なく、二酸化炭素の削減には、より軽くすることが重要な要素とコメントしており、2020年までには2005年比で25%の削減をめざしています。

メニューを開く