キャセイパシフィック航空、A350-1000を26機発注 | FlyTeam ニュース

キャセイパシフィック航空、A350-1000を26機発注

キャセイパシフィック航空は2012年7月10日、ファンボロー・エアショーでA350-1000型を10機を発注する意向を発表しました。あわせて発注済みのA350-900型16機の発注もA350-1000型へ変更します。なお、この発注はキャセイの役員会での承認を経て、正式発注に切り替えられます。キャセイのA350XWBの発注機数は直接発注46機、リース機材で2機の合計48機になります。

A350-1000型はA350XWBファミリーで最大の席数を確保できる機材で、350席の装着が3クラス制の標準仕様です。キャセイでは需要の多い路線に投入、香港からのヨーロッパ、北米路線などが想定されています。

A350XWBは2014年にも運航を予定しており、エアバスは現在までに確定発注で34社、548機を獲得しています。

関連記事
メニューを開く