成田空港、3月は大幅減となるも2019年度は発着回数など過去最高

成田空港、3月は大幅減となるも2019年度は発着回数など過去最高

ニュース画像 1枚目:成田国際空港
成田国際空港

成田国際空港(NAA)は2020年4月28日(火)、3月と2019年度の運用状況を発表しました。これによると、3月の航空機発着回数は前年同月比31%減の15,511回、航空旅客数は前年同月比67%減の1,305,204人となりました。新型コロナウイルス流行に伴い、大幅に減少しています。

2019年度では、航空機発着回数は前年比1%増の258,497回、このうち国内線発着回数は前年比6%増の55,794回、国内線旅客数は前年比2%増の7,460,914人となり、いずれも過去最高を記録しています。一方で国際線旅客数は前年比5%減の34,018,964人となっています。

国際線の路線別出発旅客数では、太平洋路線、ヨーロッパ路線、オセアニア路線、アフリカ路線で前年を上回っています。また、中国路線では、日中間の権益拡大を受け、2019年11月以降、前年と比べて大幅に伸びていたものの、新型コロナウイルスの影響で、2月から急落しています。韓国路線は日韓情勢の悪化に伴い、2019年8月から前年比で減少、10月から徐々に回復傾向にあったものの、3月より急落、台湾、香港路線では、2020年1月まで前年比100%前後を推移していたものの、香港線は2月から、台湾線は3月から急落しています。

期日: 2019/04/01 〜 2020/03/31
メニューを開く