草刈機まさお、福岡空港で自律走行で刈草 筑水キャニコムが実証実験

草刈機まさお、福岡空港で自律走行で刈草 筑水キャニコムが実証実験

ニュース画像 1枚目:草刈機まさお
草刈機まさお

国内大手の産業機械運搬車の不整地運搬車メーカーの筑水キャニコムは2020年4月、福岡空港の敷地内で、自立走行草刈機「草刈機まさお」を用いた実証実験を実施しました。

準天頂衛星システム「みちびき」を活用した実証実験で、指定した範囲内を自律走行し、走行性や実走時間、刈草の飛散状態などを確認しました。結果は良好で、実証実験が継続します。「草刈機まさお」の機種や発売については現時点では未定です。

少子高齢化による作業人口の減少、夏場の作業は熱中症を患う可能性があり、安全で作業負担を軽減できる草刈機が求められています。さらに、維持管理コストを抑える面から、草刈作業の無人化・自動化の要望もあり、筑水キャニコムは今後も開発に注力する方針です。

メニューを開く