デルタ航空、6月発券分から日本発着便の燃油サーチャージは非徴収

デルタ航空、6月発券分から日本発着便の燃油サーチャージは非徴収

ニュース画像 1枚目:デルタ航空 イメージ
デルタ航空 イメージ

デルタ航空は、2020年6月1日(月)発券分以降の日本発航空券にかかる燃油サーチャージ額を発表しました。

デルタ航空では、燃油サーチャージの改定を2カ月毎に行っており、直前2カ月のシンガポールケロシン市場における航空燃油市場価格に基づいて燃油サーチャージ額を設定しています。6月以降の燃油サーチャージ額は、2020年2月から3月のシンガポールケロシン価格が1バレルあたり6,000円を下回ったため、燃油特別付加運賃が適用されず、非徴収となります。

なお、5月31日(日)発券分までは、1区間片道あたり、日本発着の北米行きと中南米行きが10,500円、ハワイ行きが6,000円、徴収されます。燃油サーチャージは大人、小児、幼児ともに同額が適用されますが、座席を使用しない2歳未満の幼児は対象外です。

期日: 2020/06/01から
メニューを開く