デルタのMD-88とMD-90、旅客便の最終運航日は6月2日に決定

デルタのMD-88とMD-90、旅客便の最終運航日は6月2日に決定

ニュース画像 1枚目:zettaishinさんの航空フォト
zettaishinさんの航空フォト

デルタ航空は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で前倒しした、MD-88とMD-90の旅客便の最終運航日を2020年6月2日(火)に決定しました。機材名にちなんで、MD-88の最終便は、DL88便として、ワシントンDC・ダレス発アトランタ行き、またMD-90はDL90便として、ヒューストン発アトランタ行きで運航されます。

この2機は、アトランタ到着後に他のMD-88とMD-90と合流し、退役の場となるアーカンソー州のブライスビルに向かいます。なお、1機のMD-88はアトランタに残り、6月3日(水)にブライスビルへ移動し、「マッドドッグ」と呼ばれたデルタのMDシリーズジェットは正式に退役となります。

期日: 2020/06/02
この記事に関連するニュース
メニューを開く