セントレア、4月の航空旅客数は過去最低 新型コロナウイルスの影響 | FlyTeam ニュース

セントレア、4月の航空旅客数は過去最低 新型コロナウイルスの影響

ニュース画像 1枚目:中部国際空港チェックインカウンター
中部国際空港チェックインカウンター

中部国際空港(セントレア)は2020年5月22日(金)、4月の空港運用実績を発表しました。これによると、4月の航空旅客数は、新型コロナウイルスの影響を受け、大幅に減少しました。

国際線は、4月1日(水)から全便欠航したことで旅客数は0人、4月の航空旅客数は国内線の64,440人に止まり、全体で前年比6%、国内線のみで前年比13%と過去最低を記録しています。国内線も政府の「緊急事態宣言」に基づく特定警戒都道府県に愛知県が指定され、県をまたぐ不要不急の外出が自粛となり、大幅に減少しました。

また、国際線の全便欠航に伴い免税店を臨時休業し、一般物販店や飲食店も含めた4月単月の構内営業売上高は、前年比85%減の1億円です。現在セントレアでは、127店舗中21店舗が営業していますが、残りの店舗の営業再開見込みは立っていません。

期日: 2020/04/01 〜 2020/04/30
メニューを開く