RAFタイフーン、ドイツ空軍主催の空戦演習に参加

RAFタイフーン、ドイツ空軍主催の空戦演習に参加

ニュース画像 1枚目:イギリス空軍 タイフーン
イギリス空軍 タイフーン

イギリス空軍コニングスビー空軍基地の第11戦闘飛行隊のユーロファイター・タイフーンFGRが2020年6月、ドイツ空軍が北海南部で開催した空戦演習「Ex MAGDay」に参加しました。演習では、NATO加盟国と相互運用性スキルを強化し、複数の任務を遂行する絶好の機会となりました。

演習には5カ国から航空機40機が参加し、ドイツ空軍のタイフーンとトーネード、アメリカ空軍(USAF)とオランダ空軍からF-16、スイス空軍のF/A-18も参加しました。このほか、ドイツ空軍のA310とA400M、RAFのボイジャー、USAFからKC-135Rが空中給油などのサポートを行いました。

メニューを開く