737 MAXが試験飛行を再開 | FlyTeam ニュース

737 MAXが試験飛行を再開

ニュース画像 1枚目:737-7-MAX
737-7-MAX

ボーイングは2020年6月29日(月)、737 MAXの運航停止以降初めて、同型機の運航再開に向けた試験飛行を再開しました。この試験飛行は便名BOE701で、737-7-MAXの機体記号(レジ)「N7201S」を使用し、シアトル・ボーイングフィールドからモーゼスレイクへ向かう、およそ1時間30分のフライトでした。この機体はその後、再びボーイングフィールドに戻っています。

アメリカ連邦航空局(FAA)は6月29日(月)付けで、ボーイングが提案した737 MAXの自動飛行制御システムの変更を評価する一連の認証飛行を実施すると発表しています。この認証はおよそ3日必要としており、この期間で変更されたシステムがFAAの認定基準を満たしているか評価し、さらに幅広い飛行操縦と緊急手順を確認します。この試験飛行には、FAAとボーイングのテストパイロットとエンジニアが乗務します。

FAAは今回の認定飛行について重要なマイルストーンであるものの、引き続きいくつかの重要な項目が残るとし、慎重なプロセスを踏みながら、徹底的に検討するのに必要な時間をかける方針を示しています。

メニューを開く