夏休みにFLYING HONU満喫、ファーストでも5万円

夏休みにFLYING HONU満喫、ファーストでも5万円

ニュース画像 1枚目:FLYING HONU
FLYING HONU

全日空(ANA)は2020年8月22日(土)、ハワイ路線に投入しているA380「FLYING HONU」のテスト飛行を利用し、遊覧飛行を運航します。ハワイ路線で運航する機材で、ファーストからエコノミーまで通常の座席を使用できます。7月22日(水)13時から申し込みを開始し、7月27日(月)9時まで専用サイトで受け付けています。

機内では、ハワイ気分を楽しめるようハワイ演出や抽選会が企画され、搭乗証明書やHONUリュックなどオリジナルグッズのお土産なども用意されています。アロハシャツなどハワイを感じる服装で参加した場合は、さらに追加のプレゼントがあります。

当日は成田空港への集合が11時から12時30分ごろ、成田発が14時ごろ、16時頃までに着陸、解散する行程です。このうち遊覧時間はおよそ90分で、便名はNH2030便を予定しています。

この企画は、「海外旅行に行きたいけど、今は行けない」「長期で旅行に行きたいが、夏休みが短くて遠方に出かけられない」という声を受け、ANAグループが夏休みの思い出づくりを手助けします。新型コロナウィルス感染拡大防止の対策、「ANA Care Promise」を実施しながら、運航します。

ファーストクラス利用が50,000円、ビジネスクラスでも35,000円、最安のエコノミー通路側で14,000円です。チャーターフライト参加者には、記念に380マイルが付与されるほか、ANA旅行券5,000円分が提供されます。

メニューを開く