エアバス A380 航空機 徹底ガイド

エアバス A380

エアバス A380(Airbus A380)の航空機種情報です。
メーカー:エアバス シリーズ: A380

エアバス A380 航空機ガイド

エアバスが製造したA380に関する航空機(飛行機)ガイドです。 航空ファンなら気になるA380に関する製造航空機(249機)、ニュース記事(758本)、飛行機写真(航空フォト:32,565枚)、搭乗記・口コミ(501件)、航空イベント(14件)、就航路線(99路線)を提供しています。

エアバス A380について

エアバス A380は、総2階建ての世界最大の旅客機です。ボーイング747ジャンボジェット以上の収容能力を持つ超大型機の必要性から開発されました。全長は72.7メートル、客室の長さは49.9メートルで、座席数はモノクラス制で最大853席、3クラス制で525席、4クラス制で544席です。

導入した航空会社は、A380の客室にシャワーや免税店、ラウンジなどを設置しました。また、エティハド航空は旅客機で初めて3室から成るプライベート空間「ザ・レジデンス」を導入し、プライベートジェット並みの独立性を保つ空間に、バトラーサービスを導入するなど、広々した客室を活かしたサービスを提供しています。

A380は、2005年4月27日に初飛行しました。ローンチカスタマーはシンガポール航空で、2007年から商業飛行を開始しています。日本では全日空(ANA)が導入し、2019年5月に成田/ホノルル線に投入しました。ANAでは、ハワイで神聖な生き物として愛されるウミガメが描かれた「空飛ぶウミガメ」の意味をもつ「FLYING HONU」と名付けられたデザインで運航しています。

大きな収容力で運航便数を増加させず、増加する旅客需要に対応することができる機材でしたが、他の航空会社からの受注残がないことから、エアバスは2021年を予定しているエミレーツ航空へのA380納入を最後に、生産中止を決定しています。ボーイング747の最終モデル747-8旅客機も既に製造を終了しており、超大型ジェット旅客機時代に幕が閉ざされることになります。

エアバス A380 投稿・登録状況

登録機体数
249機
ニュース記事
758本
イベント
14件
航空フォト
32,565枚
搭乗レビュー
501件
運航路線数
99路線
ICAO機種コード
A388
FlyTeamでは、航空ファンのための「エアバス A380」の飛行機ガイドを目指しています。 航空ファン・飛行機好きの皆さんからの航空フォトや搭乗レビューをお待ちしています。

エアバス A380 記事

エアバス A380の航空・飛行機に関するニュース記事 758件が配信されています。

エアバス A380 航空フォト(飛行機 写真・画像)

現在、エアバス A380の航空フォト(飛行機 写真・画像)は、32,565投稿されています。

エアバス A380 搭乗レビュー

エアバス A380の搭乗レビュー 501件が投稿されています。以下、新着搭乗レビューです。

エアバス A380 過去のイベント情報

エアバス A380のイベント情報(過去) 14件が登録されています。

航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く