サンフランシスコ空港、従業員対象にコロナ迅速検査プログラム | FlyTeam ニュース

サンフランシスコ空港、従業員対象にコロナ迅速検査プログラム

ニュース画像 1枚目:サンフランシスコ国際空港
サンフランシスコ国際空港

サンフランシスコ国際空港は、空港勤務の従業員を対象とした新型コロナウイルス迅速検査プログラムを開始しました。空港勤務のスタッフによる職場感染の拡大を予防すると同時に、旅客にも安心・安全に空港を利用してもらう環境づくりの取り組みです。

従業員は、空港内または近隣の施設で受検できます。このうち、国際線ターミナルの検査施設では現在、1時間以内に結果が判明します。今後、検査結果の判定時間がさらに短縮される見込みです。

空港内の検査専用エリアは、旅客が行き交うエリアから離れた場所に位置し、毎日8時から18時まで、オンラインで事前予約できます。このプログラムを通じて、サンフランシスコ国際空港は健康的な職場環境の構築に取り組んでいます。

メニューを開く