ヤクーツク航空、成田/ハバロフスク間の臨時便 運航日を変更 | FlyTeam ニュース

ヤクーツク航空、成田/ハバロフスク間の臨時便 運航日を変更

ニュース画像 1枚目:ヤクティア・エア イメージ
ヤクティア・エア イメージ

ヤクティア・エアは2020年10月17日(土)に予定していた、成田/ハバロフスク間の臨時チャーター便の運航日を10月19日(月)に変更しました。空港との調整によりスケジュールが変更となったもので、現在、政府認可を申請しています。出発日は変更となりますが、発着時間は前回の設定と同じ時刻となっています。

新型コロナウイルスの影響により、日本/ロシア間は現在、定期便の運航が禁止されていますが、一部入国緩和が発表されたことを受け、ロシアへの入国希望者が増加しています。これを受け、ロシアへのチャーター便手配などを手掛けるジャパン・エア・トラベル・マーケティング(JATM)が、10月のチャーター便の運航を申請、航空券を販売しています。

なお、ヤクティア・エアは成田/ハバロフスク間のほか、10月31日(土)には、成田/ウラジオストク間で1往復の臨時チャーター便の運航も予定しています。

■成田/ハバロフスク線 運航スケジュール
   R39945便 ハバロフスク  11:50 / 成田 13:15 ※10/19
   R39946便 成田 14:15 / ハバロフスク  17:35 ※10/19
期日: 2020/10/19
関連記事
メニューを開く