JAL FLEET、オリジナルフレーム切手 東京中央郵便局で限定販売 | FlyTeam ニュース

JAL FLEET、オリジナルフレーム切手 東京中央郵便局で限定販売

ニュース画像 1枚目:オリジナル フレーム切手「JAL FLEET」
オリジナル フレーム切手「JAL FLEET」

日本郵便は2020年10月29日(木)から、オリジナル フレーム切手「JAL FLEET」を販売します。日本航空(JAL)をはじめ、グループ会社で保有する機種が切手になり、東京中央郵便局限定で販売されます。フレーム切手1シートは、63円切手10枚で、1シート1,400円、受付数は200シートです。

フレーム部分にはJALの最新機種、A350初号機の機体記号(レジ)「JA01XJ」のA350-900が採用されています。切手は、カレンダー「JAL FLEET」の2017年、2018年、2020年の写真から採用されています。

切手に採用された機種は、ボーイング製が777-200、787-8、777-300、737-800、エアバス製のA350-900に加え、リージョナル機のATR-42-600、サーブ340B、DHC-8-400CCです。

切手に採用された機種のうち、777-200、787-8、777-300、A350-900はJAL、737-800はJALと日本トランスオーシャン航空(JTA)、ATR-42-600は日本エアコミューター(JAC)、サーブ340Bは北海道エアシステム、DHC-8-400CCは琉球エアコミューターで使用しています。

メニューを開く