アトラス・エア、エアフォース・ワン乗務員らの訓練契約を延長 | FlyTeam ニュース

アトラス・エア、エアフォース・ワン乗務員らの訓練契約を延長

ニュース画像 1枚目:エアフォース・ワン イメージ
エアフォース・ワン イメージ

アトラス・エア・ワールドワイド・ホールディングスは2020年10月1日(木)、アメリカ空軍とエアフォース・ワンのパイロット、フライトエンジニアの訓練契約の期間延長を発表しました。アトラス・エアは2007年10月、この契約を締結しており、今回はこのオプション契約を行使しました。

この契約延長を受け、ボーイング747-200を改良したVC-25の乗員は、フロリダ州マイアミにあるアトラス航空のトレーニングセンターで地上訓練、フライトシミュレータ訓練を受けます。「エアフォース・ワン」は、大統領が空軍機に搭乗する際のコールサインで、概ね大統領専用機として運用されている747-200Bの2機のいずれかに使用されています。

アトラス航空は経験豊富なインストラクターたちが第89空輸航空団(89AW)のうち、大統領の移動を担う大統領空輸グループの乗務員へ、安全性、プロフェッショナリズム、効率性、セキュリティと高い要求を満たす訓練を、継続して提供します。

※コールサインに表現をより的確な用語に変更しました。お読みいただいた皆さまにはご迷惑をおかけいたしました。(2020/10/12 09:50)

メニューを開く