クウェート航空、A330neo受領 エアバス初のA330-800 | FlyTeam ニュース

クウェート航空、A330neo受領 エアバス初のA330-800

ニュース画像 1枚目:クウェート航空 A330-800
クウェート航空 A330-800

クウェート航空は2020年10月29日(木)、同社初のエアバスA330neo型機2機を受領しました。クウェート航空はA330neoを8機発注し、この初めての受領です。現在、クウェート航空が保有するエアバス製の機材は、A320ceoが7機、A320neoが3機、A330ceoが5機、計15機です。

納入されたA330neoは、エアバスが航空会社に引き渡した初めてのA330-800です。機体記号(レジ)は「9K-APF」「9K-APG」で登録されています。新世代のワイドボディ機で、実績のあるA330-200、A330-300をベースにA350向けに開発された最新の技術を活用しています。A330neoは旧型のA330の主翼全長を延長し、A350に装備されている新たな主翼先端のシャークレットを採用しています。

改良されたロールスロイス・トレント7000エンジンを搭載しており、経済性、運航効率の向上、乗客の快適性が向上しています。また、中型機は新型コロナウイルス・パンデミック後の航空ネットワークの構築、運航効率に適した機材とも考えられます。

クウェート航空のA330-800は、フルフラットベッドになるビジネスクラス32席、エコノミークラス203席、計235席を装着しています。

メニューを開く