ANA、2021年10月以降の国内線運賃 ANA FLEXなど発売

ANA、2021年10月以降の国内線運賃 ANA FLEXなど発売

ニュース画像 1枚目:ANA イメージ
ANA イメージ

全日空(ANA)は、2021年10月31日(日)から2022年3月26日(土)搭乗分の国内線運賃「ANA FLEX(ANAフレックス)」、「プレミアム運賃」、「ANA SUPER VALUE(ANAスーパーバリュー)、ANA VALUE(ANA バリュー)」を設定しました。2020年11月10日(火)から、販売を開始します。

このうち、羽田/新千歳線は搭乗当日でも購入できる「ANA FLEX D」が36,900円から、ANA@desk専用運賃「@Biz」が32,900円から、ANAカード会員が同一路線に2回搭乗する場合に利用できる「ビジネスきっぷ」が32,900円から、12歳以上25歳以下が対象の「スマートU25」が14,250円から、65歳以上が対象の「スマートシニア空割」が15,500円からなどと設定されています。

なお、「ANA VALUE PREMIUM」、「ANA SUPER VALUE PREMIUM」、「ANA TRANSIT」の運賃と発売日時は決定次第、発表されます。

期日: 2020/11/10から
この記事に関連するニュース
メニューを開く