航空保安大学校の2次試験、身体検査項目に一部漏れ 個別に再検査 | FlyTeam ニュース

航空保安大学校の2次試験、身体検査項目に一部漏れ 個別に再検査

航空保安大学校の学生採用試験として2020年11月16日(月)、11月17日(火)の2日間に実施された2次試験について、一部試験場で身体検査が未実施の項目があったことが判明しました。航空保安大学校では個別に再検査を実施する方針です。

第1次試験は9月27日(日)、11都市で行われ、これを受けて2次試験が千歳、所沢、泉佐野、福岡、那覇の5都市で実施されました。試験種目は、人物試験、身体検査、身体測定でした。このうち、検査漏れが発生した身体検査では、主として胸部エックス線撮影を含む胸部疾患、血圧、尿、その他一般内科系検査が行われています。

検査漏れは、千歳市で実施した身体検査で発生しました。今回の試験から新たに検査項目として追加された尿検査の潜血反応検査が実施されておらず、検査を依頼した医療機関から依頼書に当該項目が含まれていないとの指摘を受け、11月20日(金)に判明しました。

航空保安大学校は、試験を実施する人事院と調整し、検査が未実施の受験者10名へ謝罪、国の費用負担で再検査を行う旨を個別に連絡しています。

メニューを開く