春秋航空日本、感染拡大でブラックフライデーセール見合わせ | FlyTeam ニュース

春秋航空日本、感染拡大でブラックフライデーセール見合わせ

ニュース画像 1枚目:春秋航空日本 737-800
春秋航空日本 737-800

春秋航空日本(SPRING JAPAN)は、2020年11月24日(火)正午に開始を予定していた「SPRING JAPAN国内線ブラックフライデーセール」を中止しました。日本国内では、11月22日(日)には新型コロナウイルスの陽性患者が2,514人に増加するなど、5日連続で2,000人超を記録し、国内各地で感染が拡大しています。こうした状況を踏まえ、人々の往来を促すキャンペーン運賃の発売を見合わせました。

春秋航空日本は、国内線を片道1,680円からと設定し、年明けの2021年1月6日(水)から2月27日(土)の期間に利用できる航空券を提供する予定でした。コロナ感染拡大の阻止が最優先の社会課題として、自主的に販売を取りやめたもので、今後もセールを予定している各社の判断にも影響がありそうです。

期日: 2020/11/24から
関連記事
メニューを開く