リージョナル航空会社協議会、FDA・ANA・J-Air・IBEXで設立

リージョナル航空会社協議会、FDA・ANA・J-Air・IBEXで設立

ニュース画像 1枚目:リージョナル航空会社協議会を設立したジェイエアとフジドリームエアラインズ (トリトンブルーSHIROさん撮影)
リージョナル航空会社協議会を設立したジェイエアとフジドリームエアラインズ (トリトンブルーSHIROさん撮影)

アイベックスエアラインズ(IBEX)、ANAウイングス、ジェイエア、フジドリームエアラインズ(FDA)の4社は2020年12月1日(火)、「リージョナル航空協議会」を設立したと発表しました。地方都市間を運航する4社は、地域間交流の促進を通じた日本活性化に取り組みたいとの考えから、任意団体として「リージョナル航空協議会」を設立しました。設立日は空の日にあたる2020年9月20日(日)でした。

この協議会は、地方都市間を就航するリージョナル航空事業の発展、地域間交流の促進に向けた事業に取り組みます。主な事業として、リージョナル航空事業に関連し、(1)その意義について社会的認知向上の活動、(2)政策的支援拡充の活動、(3)その他、振興につなげる活動を計画しています。

国に対してはすでに、「航空機燃料税等の公租公課の減免に関する要望書」を提出し、協議会の活動を開始しています。今後は就航地の空港ビル、地方公共団体にも加入の呼びかけ、社会情勢に注視しながらシンポジウムやセミナー開催を検討していきます。

協議会は、会長にFDAの鈴木代表取締役、副会長にIBEXの浅井社長、ANAウイングスの衛藤社長、ジェイエアの宍倉社長を選出しています。

メニューを開く