ANA、旅客預け入れスーツケースのコンテナ積み込み自動化 佐賀で実験 | FlyTeam ニュース

ANA、旅客預け入れスーツケースのコンテナ積み込み自動化 佐賀で実験

ニュース画像 1枚目:ANAと豊田自動織機が共同開発した手荷物積み付けロボット
ANAと豊田自動織機が共同開発した手荷物積み付けロボット

全日空(ANA)と豊田自動織機は、2020年12月14日(月)から12月18日(金)まで、佐賀空港の貨物上屋で空港地上支援業務の将来モデルの実証実験を行います。航空機向けコンテナ用の手荷物積み付けロボットと、無人搬送を接続した一連の工程の自動化を国内で初めて実施します。

この実験は、ロボットハンドと独自のロジックを採用した、ANAと豊田自動織機が新たに共同開発した手荷物積み付けロボットを使用します。このロボットは、スーツケースのサイズ情報を読み取り、ソフト・ハードのスーツケースを縦向き・横向きにコンテナへ搭載します。効率を高めながら、荷崩れの少ない積み付け位置を演算し、並び替えながら2つのコンテナへ同時に積み付け、手荷物ハンドリング工程の中で最大の課題とされていたコンテナへの自動積み付け作業の要領を確認します。

さらに、自動運転トーイングトラクターに無人搬送を実施する作業と接続します。これにより、旅客が預け入れた手荷物を航空機に搭載する一連の流れの自動化を実現します。

ANAと豊田自動織機は2019年、佐賀空港でトーイングトラクターの自動走行テストを実施しています。2020年には、自動運転トーイングトラクターによる手荷物搬送を実オペレーションで実施しました。

この実証実験は、手荷物積み付けロボットと空港制限エリア内の無人搬送を接続させ、安全性やオペレーター視点からの使いやすさ、作業効率の向上による省力効果などを検証します。将来の本格導入に向け、技術面および運用面の課題を早期に洗い出し、前後の工程との連携や、今後の具体的な開発・業務設計につなげます。

メニューを開く