ソラシドエア、新たなデカール機「ナッシーリゾートin 宮崎号」登場 | FlyTeam ニュース

ソラシドエア、新たなデカール機「ナッシーリゾートin 宮崎号」登場

ニュース画像 1枚目:ナッシーリゾートin宮崎号
ナッシーリゾートin宮崎号

ソラシドエアは2020年12月19日(土)、宮崎発羽田着のSNJ54便で「ナッシーリゾートin宮崎号」の運航を開始しました。「ナッシーリゾートin宮崎号」は、宮崎県とのコラボレーションで実現したデザインで、ポケットモンスターのナッシーが2種類、機体の左右に描かれています。ボーイング737-800型機の機体記号(レジ)「JA812X」にデカールが貼付されています。

宮崎県は「日本のひなた」と呼ばれ、温暖な気候で年中温かく、県の木は「フェニックス」というヤシの木が選定されています。その宮崎県とポケモンがコラボレーションし、ヤシの木の見た目で「歩く熱帯雨林」と呼ばれるナッシーとイメージがピッタリのため、ナッシーが「宮崎だいすきポケモン」に任命され、今回、ソラシドエアの機体にも登場しました。

デカールのデザインは、右側の「ナッシー」、左側には「アローラナッシー」と共に、宮崎県の「日本のひなた」ロゴも貼り付けられています。機内では、オリジナル「ナッシー」が描かれたオリジナル機内ヘッドレストカバーが設置されており、客室乗務員はオリジナルエプロンを着用し、機内も「ナッシーリゾート」の特別塗装機の雰囲気が演出されます。

メニューを開く