エールフランス、コロナ検査証明の管理アプリ 試験導入 | FlyTeam ニュース

エールフランス、コロナ検査証明の管理アプリ 試験導入

ニュース画像 1枚目:エールフランス航空 空港スタッフイメージ
エールフランス航空 空港スタッフイメージ

エールフランス航空は2021年3月11日(木)から、新型コロナウイルス検査結果などをデジタルで管理できる健康証明アプリ「ICC AOKpass」の試験運用を開始します。対象は、パリ シャルル・ド・ゴール発のポワンタピートル、フォールドフランス線です。

「ICC AOKpass」は、航空・海運業界へのサポートサービスを提供するメドエア/インターナショナルSOSなどが提供するスマートフォン用アプリです。提携医療機関で実施したコロナ検査結果をデジタルで保管でき、空港での手続きが効率化できます。空港での滞在時間の短縮にもつながります。

試験運用は4週間を予定しています。アプリの操作性やユーザーのフィードバックを検証し、エールフランスが加盟するスカイチームのデジタル・ヘルス・パスのプロジェクトとも情報を共有します。

なお、「ICC AOKpass」の試験運用にあたり、エールフランスは渡航条件など最新情報を提供する専用ウェブサイトを開設。コロナ禍でニューノーマルに対応する取り組みを加速しています。

期日: 2021/03/11から
メニューを開く