JALグループ、2022年度入社の新卒採用見送り | FlyTeam ニュース

JALグループ、2022年度入社の新卒採用見送り

ニュース画像 1枚目:JAL客室乗務員 イメージ
JAL客室乗務員 イメージ

JALグループは2021年2月25日(木)、2022年度入社JAL新卒採用について、一部職種を除き、実施を見送ると決定しました。日本航空(JAL)を含むJALグループは例年3月ごろ、新卒者の採用数を発表しています。例年は、地上職、事務系、数理・IT系、技術系の業務企画職社員、自社養成パイロットの運航乗務員訓練生、客室乗務職社員などを採用していました。

2021年度採用は募集を開始したものの、新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴い、5月下旬に採用活動の中断を発表し、7月末に採用活動中止を決めました。コロナ禍による運航体制の変化は、国際線をはじめ大幅に事業規模を縮小する状況が続いています。感染の収束時期を見通すことも困難なため、今後の人員体制は、現行体制での事業継続が適切と判断に至ったことから、採用活動は実施しません。

採用活動は、JALグループ各社でも同様の方針で、一部の会社・職種を除き、実施を中止します。

この記事に関連するニュース
メニューを開く