春秋航空日本、新千歳空港の国内線カウンター 4月から南側に移転

春秋航空日本、新千歳空港の国内線カウンター 4月から南側に移転

ニュース画像 1枚目:春秋航空日本、4月以降の国内線チェックインカウンター位置
春秋航空日本、4月以降の国内線チェックインカウンター位置

春秋航空日本(SPRING JAPAN)は2021年4月1日(木)から、新千歳空港の国内線チェックインカウンターを北側から南側に移転します。新カウンターはJAL側で、ジェットスター・ジャパンの隣に位置しています。

移転により、出発口が「A」から「F」に変更。到着口は「1番口」から「5番口」に変更になります。

なお、春秋航空日本は現在、新型コロナウイルスの影響により成田/新千歳線は土、日の週2往復に減便して運航しています。4月28日(水)から5月5日(水・祝)は、デイリー運航を予定しています。

期日: 2021/04/01から
この記事に関連するニュース
メニューを開く