チャーリィ古庄さん、10年ぶり作品集「Treasured Airport」

チャーリィ古庄さん、10年ぶり作品集「Treasured Airport」

ニュース画像 1枚目:Treasured Airport
Treasured Airport

イカロス出版は、航空写真家のチャーリィ古庄さんが撮りためた「秘蔵の空港」を約10年ぶりの作品集「Treasured Airport」(トレジャード・エアポート)として出版します。ギネス認定「世界一多くのエアラインに乗った人」であり、パイロットとして軽飛行機の操縦桿を握ることもあるチャーリィ古庄さんが、世界各地の空港で撮影した旅客機たちが収められています。

チャーリィ古庄さんは、発売にあたり「コロナ禍の今、自由に海外に行きづらいですが、これを見て旅をした気分になっていただければ幸いです」とコメント。主要大陸の代表都市だけでなく、ヨーロッパの離島、アメリカの砂漠地帯、南十字星輝く南半球の地方都市まで、現地到着後に撮影ポイントを開拓した「秘蔵の空港」で撮りためた写真たちで構成された一冊は、美しさに加え、チャーリィさんの飛行機への想いがこもった作品集です。

価格は税込2,600円、発売日は2021年3月30日(火)です。

メニューを開く