ブルーインパルス、10月23日は山形・庄内地域で展示飛行

ブルーインパルス、10月23日は山形・庄内地域で展示飛行

ニュース画像 1枚目:ブルーインパルス
ブルーインパルス

航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」は2021年10月23日(土)、山形県庄内地域の上空を展示飛行します。庄内空港の開港30周年記念とあわせ、地域で新型コロナウイルス感染症の対応にあたる医療従事者への感謝と敬意を示す飛行です。ブルーインパルスのT-4練習機6機が13時30分ころから14時にかけて飛行します。

展示飛行は、ブルーインパルスが拠点を置く松島基地から直接、庄内地域へ向かいます。庄内地域での飛行コースは、出羽山地を通過した後、JR遊佐駅付近を目標に飛行し、日本海側から酒田市の上空を飛行。酒田市内の中心部にある各病院の上空を通過しながら、庄内町の庄内余目病院を目がけて飛行した後、鶴岡市へ南下します。

鶴岡市付近で方向を180度変えて、北に向かいながら、最後に庄内空港方面を目指します。庄内空港のターミナルビルからブルーインパルスが見えるように旋回して、この展示飛行を終える流れです。

ニュース画像 1枚目:庄内空港と離陸する飛行機 (トリトンブルーSHIROさん 2018年撮影)
庄内空港と離陸する飛行機 (トリトンブルーSHIROさん 2018年撮影)

庄内地域の居住者でない方は、庄内空港駐車場ライブ映像からブルーインパルスの飛行を見守ることも考えられます。ただし、映像の範囲からすると酒田市から庄内町の上空へ向かう場面を楽しむことになりそうです。

庄内総合支庁は、ブルーインパルスによる展示飛行は庄内地方の広範なエリアで観覧ができるため、密集した観覧は控えるよう協力を呼びかけています。なお、当日の天候次第で飛行経路や通過時間は変更になる場合があります。飛行できない場合には山形県ホームページや山形県Facebookなどで広く告知します。

ブルーインパルスは5月23日(日)、山形市で開催された「東北絆まつり2021山形」にあわせ7年ぶりに山形県で展示飛行を披露しており、2021年は山形県で山形市に続き2カ所目の展示飛行になります。

期日: 2021/10/23
メニューを開く